日日是好日〜楽しく毎日を生きるヒント

自分らしく、あるがままに毎日をつづります

放っておいてもやりたくなること


f:id:makinanaen13:20200703211046j:image

久々☆ 我が家のワンです🐶

この顔が、笑顔に見えてとても愛おしい♡

 

いろんな方のブログを読んでて、

共通することが、自分の好きなことをやりましょう!と、言っていること。

私も、言ってるけど。

 

で、かならずセットで出てくるのが、

「好きなことが分かりません!」

という悩み。

私も、分かりませんわよ。

 

それに対するアンサーとして

・子どもの頃好きだったこと

・言われなくても勝手にやってたこと

・一番お金を使っていること

などを見ていくとヒントになる!

と、言われています。

 

と、く、に、

このコロナの自粛生活で、

ステイホームを余儀なくされ、

それにも関わらず!

やっていたこと、やりたいと思ったこと。

 

そういうものが、

ココロが求めるものだ、と言われたりします。

 

コロナの自粛に伴い、

私は会社が休業の交代制出勤になり、

休業補償は出ますが、給料が減りました。

 

給料が減るということは、

収入が減るので支出を抑えなければなりません。

とはいえ、そんな簡単に行動様式は変わらないので、多少の赤字。

でもやはり、支出の見直しをしなければ!!!

と、思って変えたことがあります。

 

それは、習い事を減らす。

趣味で好きで続けている習い事などがありますが、それをひとつ辞め、ひとつは休みにしました。

大好きなボルダリングに関しては自粛するという選択肢すらありませんでした(笑)

 

こうなると、自分にとっての優先順位・大切なものが分かります。

 

私にとってボルダリングは、なくてはならないものになっています。

ボルダリングだけできたらそれでいいかも(笑)それくらいです。

 

つぎに、おやすみにした習い事が

茶道・華道です。

こちらはとても好きなんだけど、

ちょっとおやすみ前にいろいろモヤモヤしたこともあり、自分の気持ちを見つめ直すためにも休みをさらに1ヶ月伸ばしました。

 

………………ヒマです。

いつも、やっていたことがない。

心がリラックスできる空間がない。

ずーーっと家にいるという固まったシチュエーションに飽きる。

それに、茶道・華道は先生との語らいの場でもあり、それが好きだったりしたので、これも必要だと思いました。

 

ただ、お稽古はおやすみながら、お花はいつも好き勝手に家でいけていました。

花材があるということも関係していると思いますが (やりたいと思ったらスグにお金をかけずにできる環境である)、

誰に何を言われるでもなく、放っておいても「やりたい」と思うこと。

ボルダリングもそうですけど、こういうのって自分の根幹に近いことだと感じます。

 

一方で、ずっと家にいてヒマなくせに、どーーーしてもやりたいと思えないものが、

料理とそうじ(整理整頓)です。

 

料理は、私は母と同居なので、

母がしてくれる、という固定観念があるというのもありますが、 

どうも、どうしても、やりたいと思えない。

 

公言してますが、料理は好きではありません。

出来ないわけじゃないけど、

そして、やり出したら普通にそれなりにできますが、

やろうと思うまでが、海千山千というか、

めちゃくちゃ腰が重い。

 

でもいちおう、母に申し訳ないので、

家にいるときは簡単な手伝い程度はしています。 これだけでも進歩😅

 

こうやって自分のやってることを見ていくと、

本当に好きと嫌い(苦手)がよくわかります。

 

それは悪いことではなくて、

「自分にはそういう特徴がある」

と、理解することの助けになります。

自分の取り扱い説明書が細かくなる。

 

自分の特徴を知っていると、

それに対する対処法も見えてくるので、

変に自分を責めたり、

すごく高い理想的な自分を思い描いて

無駄に落ち込んだりしなくていいのです。

 

私は独身なので、

こうも料理が嫌いです、とか公言するのはどうかと思うときもあります。

世の中は、胃袋つかんで胃袋婚とか言うくらいですから😅

 

結婚に対する願望も、ないわけではないので、

いわゆる男性が良いとは思わない、と言われていることをわざわざ公言するってどうかなーと思ったりもしたこともあります。

 

だけど、その男性が良いと思わないってのも「社会が決めた通念」だし、

私の本音は社会的概念とは違うものだし、

 

敢えてマイナスになるようなことを、

でもそれが本音であることを公言することで、

自分に対して偽りなく生きることのほうが、

回りからどう思われるかよりも100倍心地よいと思います。

 

話がいろんな方向に広がってしまってますが、

私の「嫌い」というのは、実はそのものが嫌いというよりは

【自分のためだけに何かをするということに意欲を感じない】

ということだと最近感じています。

 

『誰かのために』する事が嬉しい、

『人の役に立つ』ことがやりたい。

 

料理も実はパートナーがいる時なんて

喜んで作っていました(笑)

でも、作ってあげる人がいないと

途端に苦行になるんです😅😅😅

 

子どもがいたら、お弁当とかもめっちゃ張り切ります。

姪っ子を預かってたときはキャラ弁とかやってました😅

 

自分の行動を振り返り見ると、本当に面白い。

 

私はとにかく人の役に立ちたいが、

人に関わるのは苦手らしい。

自分から人に声をかけたりとかね。

 

なので、そういうのは得意な人に任せて、

私は私の放っておいてもやりたいことを、

思うに任せて気ままにやるのがいいのだと思うのです。

 

というわけで、今日はこのあとケーキを焼こうと思っています。

今日はそういう気分♬︎