日日是好日〜楽しく毎日を生きるヒント

自分らしく、あるがままに毎日をつづります

心のおもむくままに


f:id:makinanaen13:20200521122809j:image

いま、私の中で消化すべき、昇華すべき思いがあって、なかなかコレ!という方向に進めないでいます。

でも、日々は変わりなく続いていき、少しずつ変化していく。

その中で自分自身で、目標のような、ここを変えていこうっていう思いが湧き出してきて

その時に行動を起こすようにしています。

 

つまり、気が向いたときだけ、何かをする。

 

それがコロナの休業により、可能になっている。仕事がずっと交代制の週一勤務なので。

これを経験すると、元の勤務体制には戻りたくないと思ってしまう。本音。

 

気が向いたときにだけ、やりたいことをやる、ということは

気が向かないときにはずーっとベッドの上でゴロゴロダラダラ、スマホでゲームしたり漫画を読んだり、そういう日もある。

 

こないだは、母が庭にトマトを植えると言って、手伝ってよ〜、と言われていた。

でも、でも、どーしてもその日はやる気がでず、テンションもめちゃくちゃ低く、

とりあえず庭に行ったものの、本当に何もする気になれない。

ので、コソコソと家に戻り、またダラダラしてました😅

 

そういう時にでてくるのが、

ああ私ってダメだ………

という思い。

 

罪悪感とか、劣等感とか、もろもろ。

 

でも気にしちゃあ負けなのよ!

罪悪感に負けて、自分の本音を押さえつけるより、

劣等感に負けて、無理に自分を大きく見せようとがんばったり、

そんなことするよりも本音のほうが200倍大切!!!!!

 

それに、やってもやらなくても、誰も何も言わない。

(仕事とかなら言われることもあるけど、言われたところで大したことない。)

やってもやらなくても、自分という存在は変わらない。

回りが自分を見る目も変わらない。

(これは、やる内容によっては変わるけれど、自分の信念が貫かれていれば気にならない、という意味で変わらない。)

回りはどんな「私」であっても存在を認めてくれている。

 

だって、存在しているということが奇跡であり、かけがえのない、素晴らしいことだから。

 

だから本音を解放して、本音に従って

快楽に沿って生きるほうが、頑張ることよりもとてもラクで素晴らしい。

実際、快楽だから、本音では楽しいし(頭では罪悪感とか出るけど)、楽しいと宇宙さんとつながりやすくなるし。

 

「こうでなければならない」という役割を自分に課していることが本当に多いと思う。

いい娘でなければならない。

職場では良好な人間関係を築かなければ。

ご近所さんとは仲良く……

人には優しく親切に………

 

もちろん、やると素敵なこと、良いことが多いのでやるといいんだけど、

本音はやりたくないのに、義務としてやらなきゃだからやってるの。

みたいな、自虐的な考えは脱出しなきゃって思う。

 

自分が被害者になって、そのシチュエーションに自分が酔ってるときとか。

それは一番キケンな気がする。

 

心のおもむくままに。

自分の本音に素直に。

心から湧き上がるものに従う。

 

引き寄せに留まらず、すべてのことの原則なんだろうと思う。