日日是好日〜楽しく毎日を生きるヒント

自分らしく、あるがままに毎日をつづります

過去は自分で定義しなおす


f:id:makinanaen13:20200417213045j:image

お花は癒される。本当にね。

 

散文的に、思いのたけをつづります。

 

たくさん過去がある。

生きてきた分の経験がある。

 

スピリチュアルなバシャール(宇宙存在)的に言うと

過去というのは、自分の別バージョンであり、

存在するのは「今」だけ、ということなんだけど、

それでも、人間である私たちにわかりやすい理解はやはり「過去がある」ということ。

 

だけど、自分自身が存在しているのは

「今だけ」というのも事実で。

だって、何かを考えているのは「今」、でしかない。

 

このブログを、書いているのも「今」。

 

だけど、確かに私には過去がある。

それは別バージョンの自分です、

と言われても今の私には理解できない。

 

ただ、私が存在しているのは「今だけ」というのはすごくよく分かっていて、

だからこそ私が「過去」だと思うものは、

今の私が、好きに考え直すことができる。

 

事実「私は東京大学に行っていない」

      ⬇

私の過去「東京大学に行けなかった私はダメだ」

    ⬇

私の新しい過去

東京大学に行けなかったからこそ、悔しさを学んで、良い経験になった、だから行けなくてよかった」

 

こういう風に、過去の捉え方、

認識の仕方というのは、

その時その時で自分が思うように変えることができる。

 

過去の事実は変わらないけれど、

事実に対する認識が変わることで、

180度、過去は変わる。

 

苦しい過去が、楽しい過去になる。

 

だから、すべては「今」の私の意識がつくっている。

じゃあどういう意識で、その事実をみつめますか?

 

苦しい、辛い、嫌だ、どうして私ばっかり、みんな回りが悪い。

そういう世界なのか。

 

楽しい、嬉しい、助かる、ありがたい、感謝、みんなのおかげ、生かされている、起こることはベスト。

そういう世界なのか。

 

一瞬一瞬の選択が問われています。